Fitting

フィッティング

Fitting

フィッティング

シートカバーの美しさを握る型取り

シートカバーの美しさは、シートへのフィッティングにかかっているといっても過言ではありません。美しいシルエットのシートカバーを作るには、シートカバーがシートに一体化するよう、正確に型取りする必要があります。

車種やグレードによっても異なるシート形状

車のシートの形状は、車種ごとに異なります。さらに、同じ車種でもグレードやオプションの装備によってシートの形状が異なることがあります。たとえば電動のシートリフターの有無や、シートヒーターを装備しているかいないか、この違いでシートカバーの形状が異なるため、別々に型取りをして設計する必要があります。さらにアームレストがついているのか、特殊なカップホルダーがついているのかといった細かな違いもあります。この違いを無視してシートカバーを設計すると、シートカバーを付けた後にカップホルダーが使えなくなったり、ポケットが隠れて使えなくなったりしてしまいます。型取り作業が甘いと、フィッティングがゆるんでいたり、実際のパーツの形状と合わないといったことが起こります。シートカバーを取り付けた後にシワがよっていたり、シートカバーが外れやすくなったりします。実際このようなシートカバーが市場にも出回っているのが現状です。

Refinadシートカバーはすべて現車のシートで型取り

Refinadシートカバーは1台1台現車のシートで型取りを行い、しっかりとフィットしてゆるみがないようにきつめに設計しております。この作業は相当な時間と労力がかかりますが、正確に採寸して型を取り、緻密な作業の中で製作したシートカバーを取り付けると、純正シートと見違えるほど美しいシルエットのデザインが生まれます。シートカバーを装着した後の美しいシルエットは、車本来のシート形状を鮮やかな色合いでよみがえらせ、車内を見違えるような空間へ作り変えます。